FUNDAVIにYUTAの記事を掲載していただきました。

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

FUNDAVIに記事を掲載いただきました

この度、FUNDAVI(ファンダビ)さんのサイトに、私の記事を掲載していただきました。

記事の掲載にご尽力いただきました方々、またTwitter上で連絡をくださった方にも、この場を借りて御礼を申し上げます。

世界的企業と成長をともにする米国株投資の魅力とは」というタイトルで、米国株に興味がある人・日本株はやったことあるけどまだ米国株はやったことがない人向けに記事を書いています。

内容としては、このブログの「はじめての株式投資」をベースにしつつ、もっとサクッと読みやすいものを目指したものになっています。

「もっと気楽に色々と投資をしてみたらいいのに」

FUNDAVIさんのサイトは訪れるとすぐにわかるのですが、投資の初心者の方でもスッと入っていけるような、そんなサイト作りがされてます。

記事を書くにあたって、最後に米国株投資の初心者の方にどんなメッセージを残すかが一番悩みました。あれこれと考えた上で、「もっと気楽に色々と投資をしてみたらいいですよ」というメッセージを最後に込めたつもりです。

日本人が投資や米国株を敬遠する理由

もう何年も米国株に投資しているとつい忘れがちなのですが、まだまだ日本には米国株は認知度が低いです。Twitterなどのネットのつながりを除くと、私の周りで知り合いで米国株をしている人は、わずか数人しか知りません。

米国株をしている人がここまで少数派なのは、なんででしょうかね。

たぶんですが「よく分からないから」、「やったことがないから」、「うまくいくと思っていないから」、「失敗したら取り返しがつかないと思っているから」なんだろうと思っています。

まだ未経験のものは「よく分からない」のは当然で、「やったことがない」ならやってみれば良いだけなんですけどね。

「うまくいくと思ってなかった」り、「失敗したら取り返しがつかないと思っている」なら、失敗しても大ダメージにならないように、ちょっと試すくらいの感覚で小さく始めてみる工夫さえすれば、大怪我もしないです。

法律で違法になっているもの以外に「ダメ、ゼッタイ」は無いはずなんですが、自分に重めの鎖をつける人が多い気がします。「もっと肩の力を抜いて、試してみたら良いのに」って、よく思います。

なので記事では、米国株の魅力に触れつつも、「米国株は高いリターンが見込める。オススメだ!」という押し売りのセールスマンのようなスタンスではなく、自分にあった投資を見つけてくださいという書き方にしています。

願わくば色々と投資を試した上で、米国株に定着してくれたら嬉しい限りです。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は自由に変更できます)。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。