ISM製造業指数とは何か。なぜ注目されるのか【わかりやすく解説】

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

アメリカの経済指標って、よくわからないものが多いですね。「ISM製造業指数って何だ?」「なんで市場はISM製造業指数に注目しているの?」という方のために、ISM製造業指数とはそもそも何か(What)、なぜ注目しているか(Why)の話をします。

ポイントは次の2点です。

  • What:アメリカの製造業の役員に「御社の景気いかがですか」とアンケートをとって集計したもの
  • Why:ISM製造業指数にはS&P500と連動する動きがある

ISM製造業とはなにか

一言でいうと「御社の景気いかがですか」と350社の製造業の役員にアンケートした結果をまとめたものが、ISM製造業指数になります。

アンケートの内訳とその重要度は「新規受注(30%)、生産(25%)、雇用(20%)、入荷遅延(配送時間)(15%)、在庫(10%)」の全5項目になっていて、役員たちは「景気良くなっている(1点)、変わらない(0.5点)、悪くなっている(0点)」の三択のアンケートに回答する形になっています。

そして、集計の最終的にISM製造業指数は1つの数字が算出されます。50を超えたら「アメリカ製造業全体として景気がよくなっている」、50以下の数字だったら「製造業の景気は悪くなっている」と一目で判断できる数字を作っています。

ISM製造業指数が注目される理由

ISM製造業指数が注目される理由は次の2点です。

  • 雇用部門の数字は、他の景気指標(雇用統計など)の先行指標として注目される。
  • S&P500の動きと連動している

以下、この2点について触れていきます。

景気先行指標として働く

まず、ISM製造業指数が注目される理由は、毎月発表される指標の中で最速で発表される数字だからです。「前月の景気はどうだったか」がすぐにわかるので、市場はこの指標に注目します。ISM製造業指数でつまずくと、雇用統計など他の指標でも悪化している可能性があります。(企業の役員たちが景気が悪いと判断して、雇用を絞るかもしれないです。)

ちなみにISM非製造業指数という数字もあります。これはアンケートを取る役員を製造業から非製造業に変えただけで、基本的には同じことをしています。

S&P500と連動する

ISM製造業指数とS&P500はかなり似通った動きをします。こちらは見たほうが早いので、グラフを作成しました。

なるほど、なかなかきれいな連動を見せていますね。

警戒心が強い人は「S&P500が下がってきたから、景気が悪くなったと判断する役員たちが増えただけでは?」と考えるかも知れません。私も、その可能性は十分あると思います。ただし、上のグラフで2015年ではISM製造業指数が上昇に転じてから数カ月後に、S%P500が上昇しているので、私の意見としては「S&P500と製造業指数はお互いに影響し合う関係」だと見ています。

どちらが原因になることもあるし、どちらも結果になることがあると思います。つまり、「原因と結果」の関係ではなく、相関関係があるのだろうと思って、毎月見ています。

どこで情報を確認できるか

ISMの公式サイト(英語)から入手できます。

ISM公式サイト

いやいや、こんなかっちりしたものではなくて良いという場合は、以下2つのサイトがオススメです。

ちなみに非製造業指数はこちらです。

今までチェックしていなかったという方も、この記事をきっかけに毎月のISM景況指数をチェックしてみて下さい。きっと役に立つ指標だと思います。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

※金額は自由に変更できます。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。