Googleドローン自動配送サービスWing、Walgreen・FedExと提携を発表。

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

米薬局チェーンのウォルグリーンは、Googleの親会社のAlphabetのドローンの自動配送サービスWingを使った、商品を配達するテストを10月から実施すると発表しました。

実証実験が行われるのはアメリカのバージニア州クリスチャンズバーグで、この地域の人々はWingアプリを使って、ウォルグリーンの食品、飲料、市販薬や家庭用品を注文することができます。薬は市販のものだけで、処方箋が必要なものは配送できないようです。

注文した商品は、Alphabetの自動運転ドローンWingで受け取ることができます。

また、同じく9月18日、WingのCEOは配送サービスのFedExとも別プロジェクトで提携をしたと発表しています。

選ばれたのはAlphabetのドローン自動配送サービスWing

AlphabetのWingは既にオーストラリアでは、限られた地域ではあるものの、テストではなく一般向けにサービス展開が始まっています。

Wingはドローン規制の厳しいアメリカではなく、オーストラリアなど他国で技術を磨いて商用展開できるまでに発展し、ようやく2019年4月に自立型運転できるドローンとしてアメリカ国内で初めて認められていました。

グーグル親会社アルファベット、世界初ドローン配送サービスを豪州で開始。

アマゾンと対決姿勢を見せるFedExとウォルグリーン

面白いなと思うのは、ウォルグリーンやFedExがGoogle(Alphabet)のドローンと提携をしたことです。

これだけだとピンとこないかもしれませんが、ウォルグリーンとFedExがバチバチに意識しているのは同じくドローン配送を米国で計画しているアマゾンの存在です。

アマゾンは数ヶ月以内にも米国でドローン自動配送のAmazon Prime Airを取り組みたいと意欲的な姿勢を見せています。

関連記事:GoogleにAmazonも、相次ぐ完全自律型ドローン配送の実用化。

そして、このアマゾンと激しく対決しているのがFedExとウォルグリーンです。FedExはアマゾンが配送技術を磨くことで、自分たちの配送ビジネスが脅かされると危機感を持っています。また、ウォルグリーンもアマゾンが医薬品の販売を初めてから、強い対抗意識を出しています。

この配送自動化でFedExとウォルグリーンが、アマゾンに対決するのはドローン配送が初めてではありません。アマゾンが進める配達ロボットに対して、ウォールグリーンも参加するFedEx陣営も配達ロボットをテストして対決姿勢を鮮明にしていました。

今アメリカで配達ロボットが熱い。アマゾンを追いかけるフェデックス陣営

こうした明確な対決姿勢は見ていて面白いだけでなく、アマゾン・FedEx・ウォールグリーンなどの当事者同士にとっても、切磋琢磨できる企業がいることで新サービスの取り組みが活性化している印象があります。日本の企業には見られていない良い相乗効果だと思います。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

※金額は自由に変更できます。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。
タグ: