AppleCard、最大3%のキャッシュバックの対象を拡大。着実にサービス化を進めるアップル。

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

Uberやウォルグリーンも3%キャッシュバック対象に

アメリカでは既にサービスが開始されているアップルのクレジットカードのAppleCardですが、その少しずつ魅力が増しているようにも見えます。

Apple Cardの魅力の1つに、決済直後から最大3%のキャッシュバックが貰えるサービスがあります。

サービス発表当初はカード型のApple Cardの支払いでは1%、iPhoneを利用したApple Pay決済では2%、Apple製品・サービスの支払い(Apple Store、iTunes、Apple Music、App Storeなど)なら3%のキャッシュバックが得られるというものでしたが、最大3%のキャッシュバックを得られるサービスが増えつつあります。

タクシー配車アプリUber、食事配達サービスUber Eatsに加えて、薬局チェーンのウォールグリーンでも3%のキャッシュバックが得られるサービスを発表しました。

当初、アップルの製品やサービスのみ3%キャッシュバックだと思われていましたが、Uberやウォルグリーンにも適用範囲が拡大したことで、今後も続々と対象企業を伸ばしていくことが予想されます。

そうなれば、Appleの決済サービスとしての魅力がますます増えることになります。


Apple Cardの何がそんなに良いの?という方は、こちらの記事で魅力をお伝えしています。あわせて御覧ください。

アップルカード、米国で発行開始。決済サービス企業へと進化を遂げるアップル。


着実にサービスビジネスにシフトしているアップル

最近のアップルを見ていると、着実に製品を売るプロダクトの会社から、サービスを提供する会社へと変革していることが見て取れます。

アップルの決済サービスのApple Payがすでに毎月10億件の取引数があり、前年比約2倍で成長しています。ライバルのPayPalよりも多くの新規ユーザーを獲得しているだけでなく、月ごとの取引数もPayPalの4倍の速さで成長していると言います。

また、Apple Special Event 2019で発表があったiPhone11は今までの機種に比べてかなり価格を抑えてきています。

アップルはプロダクトの会社ではなくなったと感じたApple Special Event 2019

これは、iPhoneの販売で儲けるビジネスから、iPhone使うサービスで儲けるビジネスへの転換の現れでもあります。アップルは確実にサービスビジネスにシフトしています。

タグ: