予想外に短かった休戦。トランプ大統領9月から新たな追加関税を示唆。

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ずいぶんと短い貿易戦争の休戦でした。

6月末のトランプ大統領と習近平国家主席との首脳会談では、互いに新たな関税を発動しないと発言していましたが、9月1日から3000億ドル(33兆円)の中国からの輸入品に対して関税をかけるとトランプ大統領が脅しています。

ポイントはやはり、”on September 1st, putting a small additional Tariff of 10% on the remaining 300 Billion Dollars of goods and products coming from China into our Country.(9月1日に、小規模の10%の追加関税を中国からアメリカへの輸入品3000億ドルに対してかける)”の部分です。

米中は7月30-31日に閣僚級の貿易協議を再開させたばかりでした。ただ、この2日間の会談では「アメリカ産農産物の輸入拡大」、「ファーウェイの制裁緩和」について話し合いが持たれたものの、大きな進展はなかったとみられています。

上のツイートは、トランプ大統領が交渉団から7月30-31日の報告を受けた後に公開されました。

3000億ドルの商品への追加関税の影響

今回の発表された追加観世は、関税税率こそ10%であるものの、対象となる輸入品3000億ドルで、だいぶ大きな規模になります。以下の表は、今まで発動した第1弾から第3弾までの、貿易戦争の課税対象商品とその税率を表していますが、9月発動される第4弾は対象商品規模だけなら第3弾を上回ります。

単位:ドル 米国 中国
第1弾 340億(25%) 340億(25%)
第2弾 160億(25%) 160億(25%)
第3弾 2000億(25%) 600億(10-25%)
第4弾(9/1) 3000億(10%)

この追加関税が発動された場合の3000億の商品の中には、携帯電話が約450億ドル、パソコンやタブレット端末が390億ドル、ビデオゲーム機が54億ドル相当分が含まれるようです。この課税対象には、アップルが中国の工場で生産してるiPhoneも含まれます。

この日は途中まで上昇していた市場も、トランプ大統領のツイートを受けて急落して終えています。

ただし、関税が発動されるまでには、まだ1ヶ月弱の時間があります。2019年6月の米中首脳会談のように、両国が丸くおさまって関税発動が撤回される可能性もあるので、気長に様子を見続けようと思います。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

※金額は自由に変更できます。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。