アメリカ、一部の州で新型コロナウイルス感染拡大中。

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日本にいるとなかなかアメリカの新型コロナウイルスの感染状況がつかめないのですが、データだけを見る限り少し不安な様子が見えてきます。

カリフォルニア、テキサス、フロリダ、アリゾナなどの一部の州では感染の拡大がしている様子を先日の記事で見てきましたが、それから約1週間弱たっても収まる気配はまだ見えてきません。

これらの州の増加を受けて、全米でも再びわずかではありますが増加傾向が見られるようになりました。

また、気がかりなのは最近感染者数が増加している州では、検査の結果、極めて高い確率で陽性と診断されていることです。

楽観的に考えればとても効率的に検査が出来ていることになりますが、「単に検査が足りていないだけで本当はもっと感染者数は多いのでは?」とついつい考えてしまいます。

この記事のポイント

  • 最近アメリカで感染は拡大していたカリフォルニア、テキサス、フロリダ、アリゾナで感染の増加傾向が続いている。
  • これらの州の影響を受けて、全米でも再びわずかに感染者数が増加に転じている傾向が見られる。
  • 感染が拡大している州のいくつかは、検査の陽性率が20%以上を超えて高い水準を記録している。十分な検査ができていないことを意味する場合、感染者はもっと多い恐れがある。

現時点では、感染者が拡大している州と収束している州ではっきりと違いが見られるので、今の時点ではあるとしても感染が広がった都市や州での行動制限だけで、2020年3-4月のように全米で経済活動が止まるような都市封鎖には遠い状況だと思います。

しかし、感染拡大は人の感覚を超えて指数的に増えていくこともあるので、引き続き注意して動向を見ていきたいと思います。

感染拡大が止まらない一部の州


カリフォルニア、テキサス、フロリダ、アリゾナなどの一部の州で新型コロナウイルスの新規感染者が増加しているという記事を以前書きました。

それから約1週間経ちますが、まだこれらの州が収束に向かっている傾向が見えません。

下のグラフはカリフォルニア州の新規感染者数ですが、7日間の平均値を示す青線は増加傾向にあります。またテキサス州、フロリダ州でも同じ傾向が見られます。

カリフォルニアの新規感染者数は増加傾向が続く

高い陽性率が意味するもの


気になるのはこれらの感染拡大している州の検査の陽性率が高いことです。

なお、収束傾向にあるニューヨーク州の同じ日の陽性率(6月16日分)は1.0%、ニュージャージー州は2.1%。検査数が十分でないと批判も聞こえる東京ですら陽性率(6月15日分)は1.8%です。

これらに比べるとアリゾナ州の26%はかなり陽性率が高いです。

陽性率が高いこと自体は必ずしも悪いことではありません。ある州に感染者が100人いたとして、100回テストでその全員の陽性が特定できれば、陽性率は100%ですがとても効率よく検査が出来ていることを意味します。

ただ、刑務所内で感染が広がって、おそらく刑務所内を重点的に(かなり効率的に)検査しているはずのテキサス州ですら陽性率は12%です。それを踏まえると、上の表にあげた陽性率の高い州は、おそらく検査数が不十分で、まだまだ判明していない感染者がいる気がします。

悲観的に考えれば、現れている数字以上に状況は悪い恐れがあります。

さいごに


この記事ではデータだけを見て、遠くのアメリカの様子を日本から推測していきました。残念ながら、現時点で感染が急拡大しているいくつかの州では、これからも拡大傾向が続く恐れがあります。

投資をしているとあらゆるリスクを検討して、まだ本当は危険が迫っていないものまで警戒するクセがついてしまいます。今回も無駄な心配であってほしいと思いつつ、今後も様子を見ていきたいと思います。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

※金額は自由に変更できます。 価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。