次のアメリカの景気拡大はそれほど長くないかも知れない。

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

歴史的にはパンデミックは第2波が来ることが多いので、アメリカでも今年の秋から冬にかけてコロナウイルスが再度流行する恐れはあります。

再流行した場合の株価下落にも備えて、私は2020年4月からずっと一定の現金を残しながら投資をしているのですが、なんど再流行が来ようと長い目で見れば、結局はアメリカ経済はコロナ前の水準を超える力強い景気に戻ると信じています。

なので、時間をかけて手元の現金は全て株にする予定ですが、次の景気拡大期(や株価の上昇期)は2010年代とは違って10年ももたずに、数年で短く終わってしまうかも知れないとも思っています。

本来なら不況時には非効率な企業が潰れて経済がスリムになって再スタートされるはずなのですが、2020年はFRBの金融緩和のおかげで、非効率な企業の整理はそれほど進んでいません。

このままでは非効率な企業が存続して成長の伸びしろも少ないため、景気拡大も2010年代ほど力強くならない恐れがあります。

この記事のポイント

  • 景気後退では企業は債務負担を削減したり、不健全な会社が整理されたりして、再度成長できる姿になるメリットがある。
  • しかし2020年の景気後退では、中央銀行FRBがアメリカ企業が潰れないように企業がお金を借りやすくしたおかげで株価は急回復したが、社債は増え、非効率な企業が淘汰されずに存続し続けている。
  • 20年末から21年にかけて企業の倒産や社債規模の縮小などの整理が起こらない場合には、次の景気拡大期は数年で終わり、より大きな株価下落が起こる恐れがある。

この記事では「今週」「今月」のような短期的なことではなく、今度数年から10年のアメリカの景気について書いています。

次の景気拡大の期間が短いかもしれないからと言って、今から株の購入を控えるのはせっかく得られるはずのリターンを取り逃がすことになるのでオススメしません。

ただ、通常の景気拡大期のように何年も100%株だけでほったらかして投資できるほど、楽観的な環境でもなさそうです。

悪いことばかりではないリセッション


2019年にアメリカ企業の社債の規模がかなり大きく膨らんでいることがわかったとき、「次のリセッション(景気後退・不況)は、社債のバブルが弾けて起こることもありえるのかな」と思っていました。

リセッションは投資家にとって、悪いことばかりではありません。不況なら株が安く買えるだけでなく、無理な借金を抱えて非効率な経営をしていた企業が倒れ、経済が再びスタートを切る絶好のチャンスです。

伸び切ったバネでも縮めば再度伸びるように、株価も経済も行き過ぎた場合にはリセッションで企業や社債が整理されれば、再び経済は成長軌道に乗ることができます。

実際に、リーマン・ショックでは多くの企業が潰れる痛みを味わった後、中央銀行FRBの金融緩和のおかげもあって、10年近く景気が拡大して株価は3倍にもなりました。

2009年からの景気拡大期では約10年で株価は3倍に上昇

長期投資家なら、景気の悪化が一段落した後は安心して投資できる絶好のタイミングです。資産の大部分を株にして、何年も寝かせれば資産を大きくできます。

私は2018年秋から米国株の追加投資を控えていましたが、次の景気拡大期の初期に株に投資する資金を温存してのことでした。

2020年の景気後退は経済のスリム化が進んでいない


ただし、景気のサイクルとは関係なしに突如起こった2020年のコロナ・ショックでは、予想していた景気後退とは少し様子が違いました。

上の記事で詳細を書きましたが、2020年の景気後退は企業の債務削減の動きがまだそれほど見られません。

本来ならば、景気が悪くなれば企業はリストラや債務負担を減らしてコストカットし、耐えられない企業は潰れることで、経済のムダな部分が削ぎ落とされて、再び成長できる姿になるはずです。

しかし、2020年はリストラのコストカットは進んでいるものの、FRBが企業の資金繰りを助けるためにお金を借りやすくした影響で、社債は増えて非効率な企業が存続を続けているようです。

2020年第2四半期は通常の3倍のペースで社債が増えた

不況の影響は20年後半から21年前半に現れるか


経済のスリム化が起こっていないと言いましたが、単純にまだ起こっていないだけで、これから起こるかもしれません。

JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOによれば、通常の景気後退よりも遅れて、2020年後半から2021年前半にかけて不況の影響が出てくるそうなので、まだまだこれから社債や企業の整理が始まるの可能性もあります。

非効率な企業の倒産の連鎖がある場合には、一時的に米国株市場が下がるかも知れませんが、現金に余裕がある投資家はそこで追加投資をすれば良さそうです。

もしも社債削減も倒産もなく過ぎた場合には、経済のスリム化が進まなかったと見て、次の景気拡大が数年の短命で終わることを覚悟しつつ投資をする必要がありそうです。

最後に


2010年代はFRBの金融緩和が株価を押し上げた時代でした。そのおかげで、株価は2019年までにリーマン・ショック後から3倍までにあがりましたが、低金利を背景に社債は過去の景気後退に匹敵するレベルまで積み上がりました。

これ以上の企業利益の成長が難しく、バネで言えば伸び切っていた状態だったと思います。

2014年にピークを付けていた米国企業の税引き後の利益

今後20年後半から21年前半にかけてちゃんと企業の債務負担が軽減されれば、バネがリセットされて再度伸びることができるので、安心して投資できそうです。

そうでない場合には、次の景気拡大期では2010年代ほど長い期間の景気回復は難しいかも知れません。また、積み上がった企業の債務が大きい場合には、通常よりも規模の大きな景気後退がその先に待っているかも知れません。

景気拡大期に株に投資するのは王道なので、たとえ景気拡大期が短くても当面は株に投資することは間違っていないと思いますが、次の景気の下り坂は数年で大きな規模のものが来るかも知れないことは、頭の片隅においておこうと思っています。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は自由に変更できます)。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。