2021年世界はウイルスに反撃を始め、景気は回復へ。

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

2021年はいよいよワクチンが一般の人にも広まり、世界を苦しめてきたウイルスに反撃を始める年になるはずです。

そして、ウイルスの収束し始めた国から景気回復に向かうと思っています。明るい兆しが見えるこの年は、基本的には投資家にとっても明るい材料が多いはずだと期待しています。

私の投資は既にこうした明るい年の到来を備えて、2020年からいくつかの投資を仕込んでいます。思い通りに上手くいく場合も、いかない場合も、これらの投資を回収することが、今年の基本的な動きになります。

明るい年になるなら積極的な投資を継続していたほうが投資のリターンは上がるはずですが、どんなに世の中が明るくなっても「慎重さ」と「良い銘柄でも『買っても良い』と思えるようになるまでは買わない」という基本を姿勢は崩さないようにしたいと思っています。

この記事のポイント

  • 2021年、ワクチンが広まり新型コロナウイルスは収束に向かい始め、世界もアメリカも景気は力強く回復する。
  • 株価は恐らく上昇すると思う。ただ、既に幅広い米国株で割高が進んでいるので、どこまで上昇余力があるかは、正直わからない。
  • 個人的には、2020年までに投資していたものを回収する年になりそう。良い銘柄が『買いたいと思う価格で見つかれば』買うスタンスだが、見つからなければ、追加投資ができる時期に備えて現金を増やしていく。

新型コロナが収束に向かい、景気回復へ

2021年前半こそ新型コロナウイルスの感染拡大に苦しめられるものの、ワクチンの投与が進むにつれて、年後半にはウイルスの収束の兆しが出てくると思っています。

そうなれば、基本的には景気は上向くはずです。

このブログでは2020年11月の時点から「2021年の投資について、今ぼんやりと考えていること」という記事で、2021年に起こりそうな動きを箇条書きにしていましたが、この予想は今も変わりません。

2021年に起こりそうな動き

  • はじめの数ヶ月、新型コロナウイルスの流行に苦しむ。
  • 年前半、ウイルスが流行しても2020年3月のような株価の急落は起こらないはずだが、年初からの数ヶ月で株価がズルズル低迷する展開はありえる。
  • 年半ば、ワクチンのおかげでコロナに収束の兆しが出てくる。株価はそれよりも少し前から上昇。
  • 年後半、回復し始めた個人消費に支えられ株価上昇。インフレ率が2%超えを目指して上昇する。

株に強気でも、どこまで上がるかは未知数

ただし、2020年ですでに米国株は割高な銘柄が目立っていた印象があったので、これから更にどれだけの上昇余地があるのかは正直わかりません。

もう少しだけ細かく言うと、利益が出ているのに株価が低迷している割安な銘柄なら基本的に株価は上昇すると思うのですが、割高な銘柄はどこまで上がるのかは分かっていません。

  • 割安な銘柄:基本的には上昇すると見ている。(例:銀行株、タバコ銘柄など)
  • 割高な銘柄:わからない。(例:電気自動車銘柄、小型ハイテク株など)

割高な銘柄はセオリー通りなら株価が下落する可能性があります。

景気がよくなれば、少しずつ世の中の金利も上昇するはずで、低い金利を活用してどんどん未来の技術に積極投資してきたハイテク銘柄にはこの金利上昇が逆風になるためです。

でも、今のアメリカは消費できずに眠っているお金がまだまだ大量にあるので、それらのお金が株価の上昇が著しい割高銘柄に向かう可能性も捨てきれません。

ただ、私の基本的な考えの中に、「割高に見えるものの投資をは避ける」というものがあるので、株価が勢いよく上昇している最中の銘柄には今年も投資しないと思います。

個人的には投資を回収する年に

基本的には2021年は株が上昇するはずだと考えていたので、既に2020年のうちからリスクをとって投資をしてきました。

今後数年間は、既に投資したものの価格が上昇するのを待って、回収していく時期になると思います。

今後数年の想定

2021年のうちに回収することになりそうな投資は、「新型コロナウイルスでダメージを受けていた銘柄」と「ビットコイン」です

航空業界やホテル業界は2021年にはまだ業績は本格回復しないと思われますが、これらは長期で保有をすることを考えていないので、株価がコロナ前の水準に近づいたら売却をする予定です。

また、恐らくビットコインも2021年には価格上昇が一旦終わると思っています。この1年間で最低でも投資元本は回収し、状況によっては全額現金にすることもあると思っています。

「投資資金を回収して、どうするの?」と思われるかも知れませんが、良い銘柄が手頃な株価で買えるようになる時期まで、待ちたいと思っています。

2021年は株価は上昇すると思っていますが、過去の水準に比べると全体的に株は割高で、冷静になると今全力で投資しても将来的な旨味はあまり大きくありません。もっと投資するのに適した時期は、いずれやってくると思っています。

関連記事:


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は自由に変更できます)。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。