YUTA(ユタ)のプロフィール

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

はじめまして&いつも読んで頂きありがとうございます、YUTA(ユタ)です。

「ユウタ」と呼んでくれる読者の方もいますが、特にこだわりはありません。どちらも本名では無いので、お好きな呼び方で構わないです。

ブログを開設してからしばらく経ちますが、ちゃんとしたプロフィールが書けていなかったので、この場で私が一体どんな人物なのかを書きたいと思います。

実績

学生時代の2007年から投資をはじめました。

投資実績

  • 2007年:学生時代に10万円でFXで投資をはじめる。
  • 2007-2012年:FX・株・債権・金・REITを幅広く経験。
  • 2013年:資産額が300万を突破。米国株を開始
  • 2015年:資産が1000万円を突破
  • 2017年:資産が2000万円を突破
  • 2019年:資産が3000万円を突破
  • 2020年:資産が4000万円を突破
  • 2021年:資産が5000万円&6000万円を突破

ちなみに、これからの資産額は含み益に税金を差し引いた金額を表示しています。

含み益への税金を計算する前では2021年3月にはじめて資産が1億円を超えています。

メディア掲載歴

投資スタイル

私の投資スタイルは「分散」と「長期投資」です。

米国株を中心にしながら、約10年単位で訪れる米国の景気サイクルにあわせて国債や金などの他の資産にも分散投資するスタイルをとっています。

2013年から6年間は「一度買ったら、長期で保有し続けるスタイル」を貫いていましたが、今後訪れるかも知れない景気の低迷に備えるために、今のような投資に切り替えました。

結果的にはこれが上手くいき、2020年以降に資産を大きくするのに役立ちました。

米国株への投資の考え方や「一度買ったら長期で保有し続けるスタイル」については、株式投資の初心者向けにサイトで解説していますので、あわせてご覧ください。

投資を始めたきっかけ

学生時代に読んだ金持ち父さん貧乏父さんの本に影響を強く受けて、お金のために働く労働者ではなく、資産をコントロールして自由を得る投資家になりたいと考えるようになりました。

また、学生時代から、気づいたら漠然と「これからの時代は、どんな職業についたとしてもITと英語と金融がわからないといけない」と考えるようになっていました。

この考えは、私の人生を長い間支配しているように思います。

PCすらまともに触ったことがない状態でコンピュータを専攻し、当時まだ誰も見向きもしなかったAIの研究をして、英語もろくに喋れないのに外資の会社に入りました。

外資の企業で働いていた影響もあって、海外株への投資も抵抗なく始められました。また、IT業界にいたのでアマゾン、グーグル、フェイスブックなどの企業にも比較的早くから投資できたこともリターンを上げるのに役立っています。

投資歴

2007年から投資を開始し、2013年から米国株を中心に投資しています。実は米国株以外にも、今までに一通り様々な投資をしてきました。

  • 米国株:2013年〜現在
  • 債権:2009年〜現在
  • ゴールド: 2012年〜現在
  • コモディティ: 2021年〜現在
  • ビットコイン:2019年〜現在
  • REIT:2009年〜2013年
  • FX:2007年〜2009年

得意ジャンル(業界・テーマ)

社会人になってからは転職を1度経験していますが、幸いITを通じてさまざまな世界にふれる機会があるので、幅広い業界の銘柄分析をするのに少し役立っています。

仕事で経験した業界

  • IT業界
  • 通信業界
  • ハイテク業界
  • 化学業界
  • 金融業界
  • 公共業界

また、業界問わずに最新技術を追いかける仕事をしていたので、以下のテーマには多少明るいです。

追いかけているテーマ

  • グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルなどの大手のIT動向
  • スマートスピーカー、自動運転などの人工知能(AI)
  • 人工肉・代替肉
  • 宇宙開発
  • 量子コンピュータ

お問い合わせ

インタビュー依頼、記事の執筆依頼、質問はTwitterもしくは、お問い合わせフォームから連絡をください。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は自由に変更できます)。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。