ペプシコ、スナック菓子とシリアルが好調で予想を超える決算【2020年4-6月期】

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ペプシコは、コーラのペプシやスナック菓子のドリトスなどを販売するアメリカの大手食品メーカーです。

アメリカ経済が大きく低迷したと言われている20年4-6月期ですが、ペプシコの決算は予想していたよりも、利益も収益も良かったです。決算発表直後は市場も株高で反応しました。

また、買収や為替の影響を除いた売上成長(オーガニックグロース)は前年からマイナス成長になってしまったものの、予想よりもマイナス幅はずっと小さくすみました。

4月はレストランの閉店などの影響を受けてドリンクの売上は減りましたが、代わりに巣ごもり需要で家で消費するスナック菓子やシリアルの売上が増えて業績の低迷をカバーしたようです。

この記事のポイント

  • 4-6月期の決算は予想ほど業績が悪化せず、利益・収益ともに予想を上回った。
  • レストラン閉鎖で不調だったドリンクの売上を、巣ごもり需要の流れに乗ったスナック菓子やシリアルの売上でカバーした模様。
  • いまだ新型コロナウイルスの先行きが見通せないため、今後の業績見通しは発表されなかった。自社株買いと配当は合計75億ドル(時価総額の4%分)確保して、株主に還元する予定。

ペプシコ2020年4-6月期

ペプシコの今期の決算は、一株利益も収益もアナリスト予想を超えるものになりました。

  • 調整後一株:1.32ドルで、予想を0.07ドル上回る。
  • 収益:159.5億ドルで予想を4.8億ドル上回る(前年比マイナス3.0%)。
  • オーガニックグロース:マイナス0.3%で、事前予想マイナス2.8%を上回る。
単位:10億ドル 2Q20 前年比
収益 15.95 -3%
営業利益 2.32 -15%
営業利率 15% -2%
純利益 1.66 -19%
調整後一株利益 1.32 -11%

収益は前年比で見るとマイナス3%、純利益はマイナス19%と業績が落ち込んでいますが、アナリスト達の予想していたほどには悪化しませんでした。

ちなみに、今期は従業員に防護服を調達するなどの新型コロナウイルス対策費用が4億ドルかかっていたのがマイナス要因になっています。純利益は前年比でマイナス17%ですが、もしも対策費がなければほぼ前年通りの利益でした。

ペプシコによれば、今後はこうした新型コロナウイルス対策費用は減少すると見ているようです。

部門別売上


好調の要因を探るために、部門別売上を覗いてみます。

ペプシコの部門別売上を見るために、次の3つの単語(部門名)を知っておくと理解が深まるので、おさらいしておきましょう。

ペプシコの部門名

  • ペプシコ:非アルコールドリンク。ペプシコーラ、トロピカーナ、7up、紅茶のリプトンなど。
  • フリトレー:スナック菓子。代表商品名はドリトス。
  • クエーカー:見た目がコーンフレークにそっくりな、オートミールと呼ばれるシリアル食品を提供。

ペプシコの社名からはペプシ・コーラのようなドリンクばかり扱っているものと思いがちですが、売上規模を見るとスナック菓子もドリンクに匹敵するくらい大きな規模を持っています。(ちなみに利益はドリンクよりも、スナックのほうが大きいです。)

売上(100万ドル) 売上 前年比
北米-フリトレー(スナック) 4,273 +7%
北米-クエーカー(シリアル) 664 +23%
北米-ペプシコ(ドリンク) 4970 -7%
ラテンアメリカ 1,567 -17%
ヨーロッパ 2,725 -9%
アフリカ・中東・南アジア 983 -1%
アジア太平洋 763 +10%
合計 15,945 -3%

ペプシコの部門別売上は製品と地域が混じっていてかなり見にくいのですが、地域別には新型コロナウイルスで先に流行時期が過ぎたアジア太平洋で好調、北米はゼロ成長、その他の地域はコロナの影響をかなり受けてしまっています。

北米も4-6月期には新型コロナウイルスの感染防止のために、レストラン・映画館・スタジアムが閉鎖されてドリンクはかなり苦しい戦いを強いられましたが、巣ごもり需要を受けたシリアルとスナック菓子の好調に助けられました。

新型コロナウイルスの影響

決算発表で新型コロナウイルスについてコメントがあった箇所を抜粋しておきます。

  • 20年の3-4月は世界中の経済が縮小したが、結果として消費者の行動に大きなインパクトを与え、ペプシコの業績に重大な影響を与えた。
  • 5-6月は先進国も新興国も経済活動の再開が見られて、ペプシコの業績に改善が見られた。
  • 5月にはオンライン注文できるPantryShop.comを含む2つのサイト立ち上げ、新しい生活習慣の需要に対応した。
  • オンライン注文は好調だが、一時的な傾向か長く続くトレンドになるかはまだ様子を見る必要がある。
  • 新型コロナウイルスの先行きの予測が困難なため、前期に引き続き業績見通し(ガイダンス)の発表は行わない。

業績は5月から6月にかけて回復したと言いますが、本当は他社が発表しているように具体的な数字でどの程度改善しているかを知りたかったですが、発言や資料からは残念ながら数字は拾えませんでした。

株主還元の意識が高いペプシコ

業績見通しの発表はされませんでしたが、自社株買いと配当で合計75億ドルを株主に還元されることは決まっています。75億ドルはペプシコの時価総額の4%分に相当する金額なので、この不景気の中で株主にとってはまずまずの朗報です。

業績の見通しは発表できなくても、株主還元はきちんと宣言するあたりは、さすがのペプシコです。ペプシコは48年以上連続で配当を毎年増やしていることでも有名ですが、株主を大事にしている姿勢が伺えます。

この数年はS&P500にトータルリターンでわずかに負けることも多いですが、市場平均に負けず劣らずで長年安定してリターンを上げるあたりはやはり名門企業です。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は自由に変更できます)。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。


タグ: