OECD、世界経済の成長予測をほぼすべての地域で下方修正。

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

OECDは今年5月時点に算出した世界の経済成長の予測値を、ほぼ全ての地域で下方修正しました。米中貿易戦争やEU離脱などの通商問題が背景にあると見られています。

修正後の2019年の世界経済の成長率は2.9%で、この予測通りの経済成長ならば、2008-2009年の金融危機以降、最低水準になると言います。

2019年成長率 修正後 修正前
世界 2.9% 3.2%
米国 2.4% 2.8%
英国 1.0% 1.2%
中国 6.1% 6.2%
ドイツ 1.0% 1.2%

なお、イギリスについては、EU離脱が今後スムーズに行った場合のみを想定して算出しているようです。

また、2020年の経済予測も、下方修正がされています。19年の世界経済の成長率は危機以来最低水準の2.9%ですが、20年もそれに準ずる3.0%とふるいません。

2020年成長率 修正後 修正前
世界 3.0% 3.4%
米国 2.0% 2.3%
英国 0.9% 1.0%
中国 5.7% 6.0%
ドイツ 1.0% 1.4%

2020年は、アメリカと中国は2019年から2020年にかけて共に0.4%ダウンするほか、イギリスも成長率が低下するなど、経済大国の成長率鈍化が目立つ年になりそうです。

2020年に中国が6%を割り込んで、5.7%に成長が鈍化するとしているのも注目です。近年、中国GDP成長は減速傾向にあるのですが、中でも貿易を除いた中国国内経済(消費+投資+政府支出)の鈍化が著しいです。

中国のGDP成長率 国内(消費+投資+政府支出) 貿易(輸出-輸入) GDP成長率(国内+貿易)
18年1Q 8.1% -1.3% 6.8%
18年2Q 7.5% -0.8% 6.7%
18年3Q 7.1% -0.6% 6.5%
18年4Q 5.9% 0.5% 6.4%
19年1Q 4.9% 1.5% 6.4%
19年2Q 5.0% 1.2% 6.2%

近年の中国は輸入を大幅に減少させることで一旦はGDPの減少を防いでいるようにも見えますが、中国国内経済が今のペースで減速すると5.7%の経済成長も困難になる恐れがあります。

アメリカ株への影響

OECDによれば、アメリカの経済成長は19年2.4%から20年2.0%に減速すると見られています。普通に考えれば、20年はアメリカ国内の支出の伸びが鈍化して、企業の利益成長も鈍化し、株価を押し下げる要因になります。

その株価押し下げ要因を、取り除いてくれるのは金利引下げのはずですが、9月のFOMCによる金利見通しではしばらく金利引下げは見込めません。

出典:ブルームバーグ

投資をしている人間としては、2020年は「警戒モード」を容易に解除できない状況になりそうです。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

※金額は自由に変更できます。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。