米景気減速の影はいまだ見えず。非製造業ISM指数は予想を上回る増加。

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

相変わらず力強いアメリカ非製造業

アメリカの非製造業がまだまだ景気が強いです。非製造業の購買担当役員に景況感をアンケート調査をした、ISM非製造業指数の2019年8月の結果は、予想を上回る強さでした。

  • 事前予想:54.0
  • 結果:56.4(前月2019年7月:53.7)

この数字は景気が上向いているなら50以上、そうでないなら50以下になるのですが、そのボーダーの50を毎月ラクラクと超えています。

減速していないわけではない、しかし底堅い。

ただ、よく見ると非製造業も減速していないわけではないです。

絶好調だった2018年のISM非製造業指数の平均値は59.0、一方で2019年の平均値は56.3と減少傾向にはあります。特に、ピークだった2018年9月からは平均で0.4ポイントずつ下がってはいます。

しかし、だからと言ってアメリカが景気後退入りするかというと、上で見たようにボーダーにはまだ程遠いです。まだまだ景気後退の恐れを感じさせない底堅さがあります。

製造業は悪化し始めたものの、重要なのは非製造業

たしかに、前日に発表があった製造業のISM指数は、ボーダーの50を下回って製造業に悪化の兆しが姿をみせはじめました。

関連記事:アメリカ製造業の悪化、重要指標ISM製造業指数は3年ぶり50割れ。

しかし、アメリカの製造業に占める割合は10%程度なので、比重としては圧倒的に非製造業のほうが重要です。

結論としては毎度同じになるのですが、まだまだアメリカは景気後退しないです。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

※金額は自由に変更できます。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。