【2019年第3四半期決算】Lyft、前年比+63%で売上拡大。

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

Lyftは2019年に上場した注目銘柄ですが、その株価はまだまだ優れません。

ただ、このブログでも毎回の決算を取り上げているように、この企業の売上はとても順調に成長していて、そんなに悲観する必要はない気がします。

2019年第3四半期の決算でも、前年売上63%アップを達成し、利益も売上もアナリストの事前予想も超えています。

Lyftは2021年には黒字化をさせると発表していますが、その計画に変わりがないことも改めて発表しています。

Lyft2019年第3四半期決算

まずは、月並みですがLyftの決算結果から、見ていきます。

  • 一株損失:マイナス1.66ドル予想を上回る、1.57ドル。
  • 収益:9.15億ドル予想を上回る、9.56億ドル。(前年5.85億ドルから63%上昇)

また、通年のガイダンスも34.7-35億ドルから、35.7-35.8億ドルに上方修正されています。これも良い兆候です。

Lyftは上昇してから株価はだだ下がっていて低迷していますが、業績はここまでかなり安定しています。2019年決算は、これで3回連続で利益も収益もアナリスト予想を超えています。

売上63%を支えてたユーザ数とユーザ単価

売上はユーザ単価とアクティビティユーザ数のかけ算で決まります。

売上 = アクティブユーザ数 x ユーザ単価

Lyftのアクティブユーザ数は28%増、ユーザ単価は27%で上場してて、2つともバランス良く売上を押し上げていることがわかります。

以下は、Lyftの四半期毎の売上です。普通の企業なら年毎で成長するようなペースで、右肩上がりにあがっています。

2019年第2四半期の売上上昇+72%だったので、それに比べるとやや落ち着いた印象があります。

ただし、そもそも63%の売上上昇は十分すぎるくらい順調です。それにこうした成長企業には珍しく、きちんとアナリスト予想を超えてきています。まだ株価は低迷していますが、じっくりと毎回決算でいい結果をだせば、株主の評価も次第に変わってくるはずです。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

※金額は自由に変更できます。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。
タグ: