2021年10月分の追加投資を行いました。

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

先週しれっと、中国株の買い増しをしました。

この売買はあまり自信がないこともあってブログで書くにすることに後ろ向きだったのですが、いずれ11月になってポートフォリオを公開すればわかることなので、短くても記事にしたいと思います。

この記事のポイント

  • 10月19日にバイドゥ(BIDU)、アリババ(BABA)、ピンデュオデュオ(PDD)の3銘柄に追加投資した。
  • 中国株は安いように見えるが、まだ中国政府の規制や不動産市場の低迷のリスクが残っている。
  • 中国株はさらに大きな下落があっても耐えられる額に限って投資している。

中国株3銘柄に追加投資


さて、先週10月19日に以下の銘柄に追加投資をしました。

  • バイドゥ(BIDU):約70万円
  • アリババ(BABA):約40万円
  • ピンデュオデュオ(PDD):約20万円

これと言って強い理由があって買ったわけではありません。

今回買った銘柄は全て2021年にかなり低迷していますが、はっきりと底打ちした兆候があるか私にはわかっていません。

強いて言うなら「米国株を含めて他に魅力的な投資先がなかったから」、「米国以外にも株を分散させたかったから」という弱い理由です。

中国政府の規制や不動産市場の低迷はまだ続いているのでは

2021年の中国は政府が規制を強化したり、不動産市場が関連する企業の資金繰り悪化したり、投資する環境としてはかなり悪いです。

これらの問題は根が深いと思われるので、中国株は来年2022年にかけてもまだ大きく下落するような展開も十分にあると思います。

ただ、毎年の利益を改善させている多くの企業にとっては、既に十分安い価格にまで落ちていると思ったので、リスクをとって3銘柄に投資しました。

投資した金額は、今後さらに大きな下落が来ても困らない程度の投資額に抑えています。

個別株ではなくETFでも良かったのでは

今回は個別株を買いましたが、中国政府がピンポイントで個別の企業に規制をかけてくるリスクを考えると、ETFのほうがリスクは少なかったかも知れません。

ただ、私が買っている中国株のETF(ウィズダムツリー・中国株ニューエコノミーファンド:CXSE)は購入した金額から大して安くなっていなく、追加購入しても取得単価が下がるわけではないので、今回は個別株を購入しました。

10月25日現在のポートフォリオ


この記事の締めに、現時点の保有銘柄を公開します。

今は暗号資産が多めですが、2021年内でこの投資が一段落したら、ゴールド、コモディティ、株、現金などに資産を分散させる予定です。

銘柄 シンボル 評価額(ドル)
ビットコイン BTC 406319
ノボノルディスク NVO 47176
イーサリアム ETH 26985
アルトリアグループ MO 23437
中国株ニューエコノミーファンド CXSE 19438
現金 17822
デジタルタービン APPS 15902
アリババ BABA 15282
バイドゥ BIDU 13501
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ BTI 12768
JDドットコム JD 10312
ピンデュオデュオ PDD 7924
ジョンソン&ジョンソン JNJ 5220
ボーイング BA 4472
マクドナルド MCD 4379
FUTU FUTU 4308
ウォルト・ディズニー DIS 3651
P&G PG 3227
フェイスブック FB 3199
ウォルマート WMT 2851
コカ・コーラ KO 2577
3M MMM 2391
アメリカンエキスプレス AXP 1672
ビザ V 1117
ウェルズファーゴ WFC 475

本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は自由に変更できます)。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。