米FRBパウエル議長、資産拡大プログラムを近く発表。効果は量的緩和と同じ。

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

アメリカ中央銀行FRBのパウエル議長の10月8日の講演では、重要なことを2つ言ったと思っています。

  • (1).政策金利利下げに言及こそしなかったものの、「好調な雇用環境の伸びが緩やかになった」と10月利下げに前向きな姿勢を見せたこと
  • (2).最近荒れている短期金利市場の安定のために、「短期国債の購入プログラムを近く発表する」と宣言したこと。

特に2点目について、目的こそ違っても、量的緩和と呼ばれるリーマン・ショック時にやったことと同じだと私は思っています。パウエル議長は「量的緩和とは目的が違う」と違いを強調していましたが、やることが同じ以上、短期国債を計画的に購入していくこのプログラムの開始で、FRBは市場にショックを与えない自然な形で量的緩和を再開を宣言したように感じています。

この2つとも株も国債も価格を引き上げる効果があります。投資家は歓迎していい内容です。

1.利下げの可能性の示唆について

10月に入ってから発表されるアメリカの経済指標では、相次いで不調になっていてます。

19年10月米統計 景況感 実体経済
予想より悪い ISM製造業指数
ISM非製造業指数
ADP雇用統計
生産者物指数
適温 雇用統計
予想より良い

こんな不安定な経済指標が出てきているので、市場では金利引下げを望む声が高まっていましたが、パウエル議長も雇用者数の伸びが緩やかになったと懸念しました。FRBの役目は「物価の安定」と「雇用の最大化」なので、雇用の伸びの鈍化への言及は、FRBが10月の利下げの可能性をわずかに上げるものになりました。

CME FedWatch Toolによると、10月8日のパウエル議長講演後に、市場の利下げ確率は88%にも上昇しています。

参考:【中級者向け】米国金利動向の市場予測の調べ方

短期市場安定化のための債権購入

2点目に、FRBのパウエル議長が短期市場の安定のために債権購入プログラムを近く発表すると話した件ですが、背景を知らないと「なんだ、これは」と頭にたくさんのハテナがよぎると思いますので、背景からおさらいします。

9月に何度か超短期の金融市場で金利が高騰する事態が見られて、何度も臨時で中央銀行が短期国債購入(超短期市場への資金供給)を行っていました。

FRBは超短期金利(フェデラル・ファンズ・レート)を政策金利として指定して、これを1.75-2.00%にすることを目標にしていますが、9月の中旬から一時的にフェデラル・ファンズ・レートが10%近くまで跳ね上がるなど荒れた展開になり、臨時でFRBが短期国債を購入して市場に資金を投入する対応を行っていました。

臨時対応と言っても、実際はかなりの金額です。

3週間で1,760億ドルと、量的緩和を実施していた時の最大の850億ドル/月よりも多い債権購入をしていました。

すごいですね。一生に手にすることはないほどの惚れ惚れする金額です。

短期の金利が上がったことは景気の減速とは関係なさそうですが、これを臨時対応でなく未然に防ぐために、短期の債権購入プログラムを近く発表するとしたようです。

ただ、FRBパウエル議長は「量的緩和の再開ではない」「目的が違う」と言っていますが、やっていることは金融政策の量的緩和と同じです。また既に臨時で「量的緩和」をやっていたので、市場がこのニュースに大きく反応することもなかったようです。

しかし、目的は違えどFRBが債権購入プログラムを発動するタイミングは早かったですね。私はてっきりヨーロッパ中央銀行のように金利がゼロになってから量的緩和をするものだと思っていたですが、予想よりも早くアメリカは実質的な量的緩和を開始することになりました。

今後のアメリカを中心とした世界経済で起こる9つのこと。

短期債権購入プログラムは、量的緩和をやることは同じなので、景気の底上げ効果があります。金利は引き下げられて、企業はお金を借りやすくなり、更に株価はあがります。目的は何であれ、FRBが債権を購入するのは株価にとってはいい知らせであることは間違いありません。