量的緩和の再来か。しれっと大量の国債購入を発表したFRB。

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

どうも私には、FRBが景気を支える策を打ってきたような気がしてなりません。

子供のときにスーパーで親の買い物カゴにそっと、お菓子を入れた記憶はあるでしょうか。FRBもみんなの注目が米中貿易協議に集まっているタイミングで、「別に大したことでは、ありませんよ」っていう素知らぬ顔で、わりと重めな策をそっとカゴに入れてきました。

景気が悪化したわけでもないのに9月に急に荒れてしまった短期金利を安定させるため、事前の予告通りFRBは毎月短期国債購入を開始するようです。

関連ニュース:FRBが資産購入再開、金利安定へ短期債月600億ドル(日経新聞)

FRBのパウエルさんも童心を忘れないおちゃめな人ですね。しれっと毎月600億ドルの策を打ち込んできました。今回のFRBの取り組みでは、月600億ドルの短期国債の購入を2020年前半まで続けるとのことですが、これは過去の景気後退時の政策と比較しても、かなりのハイペースです。

気になるのは以下の点です。

  • FRBはリーマン・ショック時の景気対策と大差ない規模の国債を購入を発表しましたが、これでアメリカは景気拡大時期を延長できるか
  • 2019年に再び国債の購入に動き出したアメリカは今後、日本のように長期的な低金利に向かうのか、それとも政府の債務拡大と金利高騰を招くのか。長期的に低金利に向かうなら株も国債も買っておいては安心ですが、金利が上がれば株も債権も大きく下がるので、長期投資家も無視できない。

過去の景気支援策と遜色ない規模

リーマン・ショック時にアメリカは3回国債を大規模に買い入れる量的緩和政策(QE1, QE2, QE3)を実施しています。その時の資産購入のペースと比べても、2019年からの今回の取り組みは遜色ないことがわかります。

政策 時期 規模
QE1 2008-2010年 20ヶ月で総額17250億ドル(平均860億ドル)
QE2 2010-2011年 月750億ドル
QE3 2012-2014年 月850億ドル
資産拡大 2019-2020年前半 月600億ドル

遜色ないどころか、ほとんど景気後退時の規模ですね。

FRBの国債購入がアメリカの景気拡大期を延長させるか

目的は短期金利の安定化のようですが、結果的に市場にお金を供給して、アメリカの景気拡大期を伸ばす効果があると個人的には思っています。

ただ、FRBが債権購入をしたから景気後退しないかというと、それはわかりません。FRBの債権購入のプラスの効果と景気後退させる経済の力との綱引きでどちらが勝つかによります。

私はまだ景気後退リスクは十分に存在していると思っているので、まだしばらくは守りの投資をするつもりです。

再び上昇し始めたFRBの資産額

FRBは今回の資産購入は「量的緩和(QE1-3)とは目的が違いますよ」と釘を指していますが、やってることは同じです。

最近のFRBの資産額の変化をみると、2019年9月に上昇し始めています。このときは一時的な市場の混乱を抑えるために、臨時で3週間に1,760億ドルもの国債の購入をしています。これは量的緩和を実施していた時の最大の850億ドル/月よりも多い金額でした。

そして、今回のFRBの発表で2020年4-6月期まで継続的に資産が拡大することになりましたが、今回のように景気後退時でもないのに中央銀行が国債購入するプランを発表するとなると「今後も中央銀行が国債を買う政策が、断続的に続くのかな」と考えてしまいます。

大量に国債を買うことでアメリカも日本のように長期的に低金利の状態に陥るのか、既に歴史的に低い状態が続いている金利がいよいよ高騰するのかが気になるところです。

低金利が続くようなら株も国債も価格が上がるので買っておいて安全ですが、金利が高騰すると共にダメージを負うことになります。これは国債も株も保有している私にとっては大ダメージです。

現時点では、長期的な金利の低下を予想

ただ、ポジショントークではないですが、個人的にはアメリカも日本のようにしばらくは長期的に低金利になると予想しています。過去に長期的な低金利時代になった1930代も、結局は1940年代以降の戦争で大量の国債増発をするまで、低金利が続きました。

その後、1950年以降の株高が続き、恐ろしいまでの金利が高騰したのは1970年からだったと記憶しています。

1930年代にますます似てきたアメリカの経済事情。

なので、現代は動きが早いとは言え、金利の高騰の前にはしばらく長期の低金利が続くとみて、株と国債は強気に見ています。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

※金額は自由に変更できます。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。