「年内2回」に利下げ予想を強めた市場【20年1月FOMC】

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

2020年1月に米国の金融政策を決めるFOMCがあったので、その内容をさらっと振り返っておきます。

20年1月のFOMC

  • 政策金利は変わらず。1.50-1.75%
  • 声明文もほとんど変わらず。
  • 短期金利(レポ金利)安定のための短期債購入は4月まで継続も、状況次第で、第2四半期までに小規模な別プログラムに変更を示唆。

今回のFOMCはほとんど何も変更点はありませんでした。

声明文の変更点を見ても、ほとんど何も変わらなかったのがわかります。

変更点がわずかだった20年1月のFOMC声明文

変化のとぼしかった今回の会合ですが、その中であえて注目するべき点があるとすれば、次の2点です。

この記事のポイント

  • 金利の状況によっては、米国株上昇の要因になっているFRB(米中央銀行)の短期債購入が第2四半期に小規模化すると発表があった。4-6月以降、小規模化で米国株が下がらないか注目。
  • 市場はFOMC後に、利下げ予想を一段と強めた。42020年に2回の利下げがあるかも知れない。

FRB短期債購入の規模縮小のプランを明かす

2019年9月以降、FRBは毎月大量短期国債を購入して、市場に資金を供給してきました。

それからまもなく、米国株も強い上昇をしていたので、もしもFRBの短期債購入が4月以降のどこかのタイミングで短期債の購入規模を減額すれば、株価が上昇する力弱まるかもしれないと少し心配しています。

FRBとしては、いざ短期債の購入額を減らすタイミングになったとしても「数ヶ月前から宣言していたことをやっただけだから、慌てないでね」と釘をさしているように見えます。

FRBの中には「短期債の購入が株を押し上げる説」を否定しているメンバーもいますが、市場がその説を信じている以上、購入規模縮小が多少なりとも市場に影響を与えるとFRBは警戒しているように見えます。

2020年第2四半期に減額をするか、その後に米国株はどう反応するのか注意したいと思います。

利下げ予想を強めた市場

FOMC前、市場は2020年内に1回分0.25%の利下げ予想をしていました。

ただ、FOMCの後、その利下げ予想は「6月までに1回、12月にもう1回の年2回」に強めています。

6月までに0.25%の予想をする市場

12月までにさらに0.25%の予想をする市場

上のグラフは市場の金利予想が見れるCMEのFedWatchToolというものを使っています。図の見方やツールの使い方を詳しく知りたい方はこちらの記事でご確認下さい。

FOMCの内容が影響したのか、それ以外の要素が影響して利下げ予想が強まったか、どちらかはよくわかりません。

ただ、2回(0.5%分)の利下げを予想を予想したくなる気持ちはわかります。

2019年に逆イールド現象と呼ばれる不況のシグナルが出た時に、ジェレミー・シーゲル教授は「政策金利は、10年国債利回りより低くしなければならない。そうしないと逆イールド現象が解消されない」と言っていました。

2020年に入ってから米国の10年国債利回りは下落を続けていて、スコット・メイナード氏は1.3%まで低下すると予想しています。

この1.3%という数字はどこから来ているかというと、2016年7月に記録した近年の10年米国債利回りの最低値です。イギリスの国民投票でEU離脱が決まり、市場が動揺した時期でした。

今の10年国債利回りが1.3%を目指して下落しているとして、シーゲル教授の言うように政策金利(現在1.50-1.75%)が10年国債利回りを超えないようにするには、2回分の0.5%の利下げが必要だというわけです。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

※金額は自由に変更できます。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。