Facebook仮想通貨にVISA・マスターカード・Uberも参加へ。

  • yuta 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

VISA、マスターカードにUberも参加表明

Facebookは2019年6月18日にも仮想通貨の詳細を発表予定ですが、この仮想通貨にVISA、マスターカード、Uber、ペイパル、ストライプ、Booking.comも参画することが解りました。

Facebook暗号通貨2019年6月に公開へ。Facebook経済圏の構築なるか。

そうそうたる企業が軒並みFacebookの仮想通貨の参画を表明しており、参画企業は約1,000万ドル(約11億円)の資金提供をするとのことです。

Facebookの仮想通貨はユーザからは手数料を受け取らず、上記のような参画企業から1,000万ドルの資金提供を受けて仮想通貨の発行に充てられるとのことです。上記の6社以外にも見込み客が約100社以上いるとの報道もあり、総額は約1100億円にもなるようです。

Facebook仮想通貨コインはステーブルコイン

ただ、ビットコインに投資するように一儲けしようと考えている人にはちょっと注意なのですが、Facebookが発行する仮想通貨は価格の変動を避けるために、米ドルなどの実在通貨と価格が連動するタイプ(ステーブルコイン)になるようです。

通貨は、はじめはそういうものだと思います。現実の通貨も歴史的には、金や銀と連動させて価値を担保していた時期もありましたし、人々が自然に価値があると考えられるようになるまでは、現実通貨と価格を連動させるのがいいと思います。

そして、これまた歴史的に見たときには、政府が発行する通貨は度々発行しすぎによる価値の暴落を何度も経験しているので、政府発行の現実通貨が信用を失うような局面になった時に、Facebookの仮想通貨は現実通貨との価格連動を解除して、それ自身が通貨としての価値を持つようになると思います。

「政府発行の現実通貨が信用を失うような局面になった時」についてですが、もし万が一直近で起こる機会があるとすれば、各国の中央銀行が金融政策で国債を買い過ぎた結果、通貨の信用を失うことでしょうか。

ただ、その可能性は現時点では相当低いので、Facebookの仮想通貨は純粋に手数料のかからない決済通貨としてユーザは見ればいいと思います。それだけでも十分な価値です。

そして投資家目線としては、Facebookを中心として経済圏が出来上がることで、Facebookの企業としての価値があがると見ることができると思います。