【新型コロナウイルス】世界中の患者数をトラッキングするwebサイト

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

新型コロナウイルスの猛威は、発生源の中国を中心に世界中に広がりを見せています。

毎日、WHO(世界保健機関)の新型コロナウイルスのステータスレポートを見たり、厚生労働省の報道発表ページを見るのも良いですが、ちょっと大変なので、状況がひと目で確認できるダッシュボードを紹介します。

世界の新型コロナウイルス患者数トラッキングサイト

とてもシンプルなサイトなので、どこに何が書いてあるかの画面構成だけ理解できれば、英語でも見るのに苦労しないと思われます。

こうしたサイトは公開後に機能追加で画面レイアウトが変わることがあるのですが、記事を書いている1月28日時点の画面の画面構成は以下のようになっています。

画面構成

もしレイアウトが変わったとしても、以下の英語さえ抑えておけば、なんとか読み取ることができます。

  • Coronavirus: コロナウイルス
  • Total Confirmed: 新型コロナウイルスと確認できた患者総数
  • Total Deaths: 死者総数
  • Total Recovered: 完治した患者総数

患者総数の推移グラフで流行の傾向を知る

一番使い勝手が良いのは、画面左下にある患者総数の推移グラフです。

濃いオレンジが「中国」、薄い黄色が「その他の国」を表していて、毎日新型コロナウイルスにかかった患者数の総数をグラフ表示してくれます。

基本的にこうした伝染病は、通常は指数関数的に右肩上がりの曲線で患者数が増えていく傾向がありますが、このグラフの伸びが鈍化すれば、沈静化に成功しつつあることを表します。

厳密には、グラフの伸びが鈍化する場合には、「検査キッドが不足した場合」や、最悪の場合「ウイルスが変異して毒性が強まり、患者数に伝染する前に死ぬようになった」などのケースもありますので、他のニュースサイトとあわせて、こちらのサイトのグラフを読みとるようにしてください。

新型コロナウイルスの情報をいち早く知るための情報ソースとして、かなり使えるサイトだと思います。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は自由に変更できます)。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。