まだ間に合う、2021年に石油関連株に投資するアイディア

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

2020年はボロボロに打ちのめされた石油業界ですが、2021年はいくつか明るい予想が目立つようになってきました。

低迷していた原油先物価格(WTI)も最近は復調していて、最近では一時1バレル=50.17ドルをつけ、コロナで世界の株価が急落した2020年2月以来の50ドル台に回復しています。

多くの人が予想しているように、2021年の石油業界は、あらゆる業界の中でもっとも株価の回復が見込めると私も思っています。具体的には、無難に石油関連企業に投資できるETF(例:VDEなど)を保有しておくだけで、S&P500を上回れる可能性も高いと思います。

原油価格はコロナ前の水準に向けてかなり回復してきましたが、石油株の多くは十分に回復していないので、投資のチャンスはまだあると思います。

この記事のポイント

  • 2020年は原油安に苦しんだ石油業界で、いくつか明るい材料が出始めている。
  • アナリストの予想では、2021年もっとも有望なのは石油関連業界(エネルギーセクター)だとして、もっとも有望な業界にあげている。
  • しかし、まだ株価は十分に回復してなく、今からでも投資できるチャンスはまだある。

明るい兆しが見え始めた石油業界

2021年始早々、低迷している石油業界にとっては明るいニュースがいくつか出てきています。

2020年末からワクチンの接種が少しずつはじまり、景気回復で石油の需要が回復する期待が出ている上に、2021年始にはサウジアラビアが減産に応じると発表して、原油価格が上昇してきています。

>>サウジだけが減産を負担、OPECプラスが供給抑制で合意(ブルームバーグ)

一時期1バレル50ドル台にまで回復した原油先物価格

原油価格の回復は、多くの石油関連企業の売上増加につながるので、この業界にとっては良い知らせです。

2021年アナリストや有名投資家は石油業界に注目

また、多くのアナリストが2021年に最も買い推奨できる業界の名前に、エネルギー業界(石油業界)を上げています。

アナリストは2021年のエネルギー業界を有望視

ブラックストーン社のバイロン・ウィーン氏とジョー・ザイドル氏よる毎年恒例の「2021年10のサプライズ」の中でも、石油業界の株は最高のパフォーマンスを上げるとして有力視視しているようです。

Even as energy company executives cut estimates for long-term growth, near-term opportunities are increasing. The return to “normal” increases both industrial activity and mobility, and the price of West Texas Intermediate oil rises to $65/bbl. Rig counts increase and energy high yield bonds rally soundly. Energy stocks are among the best performers in 2021.

エネルギー関連会社の経営者たちが、長期的な成長予測を下方修正したとしても、短期的なチャンスは広がっています。 コロナ前の通常な世界に戻れば、産業と自動車のエネルギー諸消費が増え、WTI原油価格は65ドル/バレルにまで上昇すると予想します。採掘量も増加し、エネルギー業界の社債も堅調に回復するはずです。エネルギー株は、2021年に最高のパフォーマンスになるでしょう。

出典: Byron Wien and Joe Zidle Announce the Ten Surprises of 2021(ブラックストーン)

まだ投資できる余地がある石油関連株

どんなにアナリストや有名な投資家たちが有望視していても、既に大勢の株式投資家の買いが殺到して、期待が価格に反映されているなら、今後の上昇余地はありません。

しかし、現在の株価を見る限り、まだ投資家は本格的な石油業界の株価回復を株価に織り込んでいないように見えます。

エネルギー業界にまとめて投資できるETF(VDE)の価格を見ても、さきほど見た原油価格ほど回復していません。1年前の株価よりもまだ30%以上安く取引されています。

エネルギー業界ETF(VDE)は1年前の30%安の状態

つまり、まだこの業界の株に投資できるチャンスはあると言えます。

投資するならシンプルに、上のグラフでも株価を確認したVDEというエネルギー業界ETFで良い気がします。これならシェブロン、エクソンモービル、コノコフィリップスなどの企業の株に幅広く投資できます。

個別株で投資する場合でも、それほど奇をてらう必要なく、シェブロン、エクソンモービル、コノコフィリップスのどれかで良いと思っています。少し情報は古いですが、2020年8月に私が個別株を購入するときに書いた記事を参考に貼っておきます。

参考記事:

世の中の投資家は、高値がついていてもなお電気自動車やクリーンエネルギー関連の銘柄に目を向けてくれるので、石油関連銘柄はまだしばらく安く買えるはずです。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は自由に変更できます)。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。