2020年半減期を迎えて上昇が期待できるビットコインの予想価格を公開

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

2020年5月12日にビットコインは半減期を迎えました。

半減期とは約4年に1度だけ起こるイベントで、それ以降は新規に発行されるビットコインのスピードが半分になるので、需要と供給の関係から今後はビットコインの価格が上昇しやすくなります。

実際にどれほど価格が上昇するのかを過去のデータ使ってモデルを作り、理論的には2024年まで約10倍程度に上昇すると以下の記事で書きました。

こちらの記事で算出した理論価格は、過去の実際のビットコインの価格をおおよそ説明できていることをグラフを使って見ていきましたが、「2020年から2021年にかけてどれほど価格があがるのか、具体的な理論価格を知りたい」という声があったので、本記事で紹介したいと思います。

2020年半減期後は約9万ドル

2020年5月12日にビットコインを半減期を迎えましたが、理論価格は2020年6月以降に約9万ドルに上昇します。

2010年から2024年までの理論価格のデータはこちらに公開しましたので、御覧ください。

>>【公開】ビットコインの理論価格データ(Googleスプレッドシートが開きます)

ただし、半減期直後に理論価格は急上昇しますが、過去のビットコインの価格を見る限りビットコインの実際の価格もすぐに急上昇するわけではないようです。

半減期後に理論価格に到達するまで数ヶ月から1年かかる

ビットコインの半減期は過去に2回ありましたが、2回とも数ヶ月から約1年ほど時間をかけてゆっくりと実際の価格が理論価格に追いついているようです。

2012年の半減期

2012年時には半減期を迎えてから、4ヶ月後に理論価格を超えています。

2012年の半減期

2016年の場合は14ヶ月もかかって、実際の価格が理論価格を超えました。2016年は半減期を迎えてから右肩上がりに価格が上昇したわけではなく、半減期直後の数ヶ月は価格が下がる減少も見られています。

最後に

本記事で公開したビットコインの予想価格は、過去のデータを使って算出したものです。

過去と異なる事象が発生した場合には、理論価格どおりに価格が上昇しない恐れもあるので、あくまでも余裕資金で投資をするよう心がけてください。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

※金額は自由に変更できます。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。