Apple Pay、アメリカのモバイル決済利用者数でNo1に。

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

Appleの利用者数は確実に増えているようです。

eMarketerの調査によると、アメリカのモバイル決済アプリの中でApple Payはもっともも利用者数が多いアプリになったとのことです。長年、モバイル決済の先駆けとしてスターバックスアプリが最もアメリカで最も使用されている決済アプリだったのですが、そのスタバアプリを抜いたようです。

アプリ 利用人数 利用率
Apple Pay 3030万人 47.3%
Starbucks App 2520万人 39.4%
Google Pay 1210万人 19.0%
Samsung Pay 1080万人 16.8%

出典:Apple Pay Dominance Drives Mobile Payment Transaction Volume(eMarketer)
(※複数アプリ利用者がいるため、合計が100%を超えています)

モバイル決済市場全体も力強く上昇

アップルにとっては、さらに嬉しいことに、このモバイル決済市場は2019年に41%も伸びている成長ビジネスです。eMarketerの予想では、今後5年間はこの市場が急速に伸びてくると予想しているので、その中でモバイルアプリ利用者を拡大できている点は、アップルにとっては嬉しいニュースです。

サービス化を図るアップルに追い風

さて、アップルについては、2018年10-12月期の決算でCEOのティム・クックが「これからのアップルはサービスの会社になる」と宣言をして、ビジネス変革の真っ只中にあります。

ティム・クックCEOが「サービス」と言っているのは、写真などの保存のためのクラウドストレージサービス、音楽・動画・雑誌・ゲームの定期購読サービス、そしてApple Payの手数料もサービス売上に入ります。

以下、2019年4-6月期の売上ですが、AppleはiPhoneに次ぐ第2の収益源として、サービス売上が拡大しつつあります。

単位:100万ドル 2019年6-9月期 2018年6-9月期 前期比
iPhone 25,986 29,470 -11.8%
サービス売上 11,455 10,170 12.6%
Mac 5,820 5,258 10.7%
ウェアラブルデバイス・ホーム製品 5,525 3,733 48.0%
iPad 5,023 4,634 8.4%

サービス売上が伸びているとはいえ、まだアップルの売上規模の半分にも満たない規模です。しかもサービス売上成長率も+12.6%と決してまだ高くありません。これの成長を加速させるため、2019年では、次々と新サービスをリリースしました。

  • 動画ストリーミングサービスApple TV+
  • 雑誌ニュース配信サービスApple News+
  • ゲーム配信サービスApple Arcade
  • アップルのクレジットカードApple Cardとウォレットアプリの刷新

このうちにApple Payの利用金額を増やすきっかけになるのが、Apple Cardとウォレットアプリの刷新です。

アップルカード、米国で発行開始。決済サービス企業へと進化を遂げるアップル。

この新サービスとモバイル決済市場の追い風を受けて、アップルは無事にサービス化が進められるのか、今後数年のアップルの決算はiPhone売上だけでなく、サービス売上に注目が集まります。

その他アップルの最新動向について

その他のアップルの最新ニュースとビジネス動向は、アップル企業分析ページでまとめています。詳しくはこちらをご覧ください。

人気記事はじめての投資【投資の入門記事まとめ】


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

※金額は自由に変更できます。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。
タグ: