アマゾンCEOジェフ・ベゾス講演:あなたが下す決断があなたを作る

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

アマゾン時価総額1位に

アマゾンがマイクロソフトを上回り、時価総額で1位になりました。アマゾン株は私もいくらか保有しているので、とても嬉しいです。

全世界のアマゾンで働く皆さん、毎日頑張って頂き本当にありがとうございます。

米アマゾン、時価総額で世界首位に マイクロソフト抜く (CNN)

順位 企業名 時価総額
1 アマゾン・ドット・コム $810B
2 マイクロソフト $789B
3 グーグル $752B
4 アップル $715B
5 バークシャー・ハサウェイ $483B

アマゾンは1992年にCEOのジェフ・ベゾスがガレージで始めた会社ですが、立ち上げてからずっとCEOとしてここまでアマゾンを大きくした彼の業績はとても大きなものです。

ジェフ・ベゾスを特別にした要因

こういう、なかなか人が成し遂げられない偉業を達成した時に、ふと思うのですが、ジェフ・ベゾスにあって、他の人にないものは何なのでしょうか。

運が良かったのかもしれないし、プリンストン大学を出てウォール街で働くくらいなので、私よりも遥かに優秀なのは間違いないです。

でも、おそらく彼よりも強運の持ち主はこの世の中いただろうし、彼よりも頭のいい人もきっといたはずです。

彼を偉大にした要因は複数あると思いますが、その要因の1つはジェフ・ベゾスがしてきた選択にあると思います。

「従来の本屋と競合をすると分かっていながら、電子書籍サービスを開始するか否か」
「ウォールマートと競合するとすると分かっていながら、本以外の商品取り扱いを開始するか否か」
「IBMと競合すると分かっていながら、クラウドでサーバビジネス(AWS)を始めるか否か」
「Googleと競合になるとわかっていて、アマゾンが広告ビジネスを開始するかどうか」

今、アマゾンはいろいろな業界のディスラプター(破壊者)と言われていますが、それはジェフ・ベゾスが新しい分野に絶えず挑戦する選択をしてきた、選択の結果でもあります。

その他、さまざまな決断があったと思いますが、彼の人生の中では一番大きな選択は次のものだったのではないでしょうか。

経済的に安泰なウォール街の職にとどまるか、アマゾンを起業するか

あなたが下す決断が「あなた」を作る

ジェフ・ベゾスの母校プリンストン大学の卒業生に向けたスピーチで、選択について話しています。

今日この場で皆さんにお話したいのは、才能と選択の違いについてです。

生まれ持った才能とは、言ってしまえば与えられたものなので努力を要しません。その反面、選択をするということ、これは難しいことなのです。気を付けなければ、才能は私達を傲慢にします。そして自分の才能にうぬぼれると正しい選択をすることが出来なくなります。

(アマゾンを起業するか否か考えた結果、)私は挑戦することに決めました。挑戦した結果失敗したとしても後悔はしないだろうと思ったのです。それよりも、ここでやってみなければ一生後悔するだろうことは確実でした。色々考えた結果、私は安全ではない道を選びました。そしてこの道を選んで本当によかったと思っています。 *()内は追記箇所。

そこで質問です。皆さんは恵まれた自分だけの才能をどのように使いますか? 才能があることを誇りに思うでしょうか? それとも自分で選択し、自分で選んだ道を誇りに思うでしょうか?

明日になれば皆さんは現実社会へ飛び出していきます。皆さんだけの人生を一からつくる為の第一歩を踏み出すのです。皆さんは自分の才能をどんな風に使いますか? これからの人生でどんな選択をしていくのでしょうか?

何もせずぼーっと人生を生きるのか、それとも自分の好きなことを追及していくのか?

皆と同じでいるか、それとも他の誰とも似ていないオリジナルでいるか?

安定を選ぶか、それとも挑戦し続けるか?

批判されたら落ち込むか、それとも自分を信じるか?

間違いを犯したらそれを隠そうとするか、それとも謝るか?

恋をする。傷つくことを怖がって何もしないでただ見ているだけか、それとも思い切って行動に移すか?

安定を取るか、それとも「バカじゃないのか?」と思われるようなことをやってみるか?

困難な状況に陥ったら、そこで諦めるか? それともがむしゃらになってやるか?

言い訳や批判ばかりするのか、それともやってみるか?

他の人を蹴落としてまで賢くなるか、それともやさしくなるか?

80歳になったあなたが、あなたの過去を振り返るとしましょう。その時に一番心に残っていること、思い出すことはあなたが下してきた決断の数々であると私は信じています。あなたが何を選ぶか、あなたが下す決断が「あなた」をつくっていきます。

あなただけの道を切り開いて下さい。

日本語訳の全文はこちらのサイト参照

プリンストン大学2010年卒業式ジェフ・ベゾスによるスピーチ動画


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

※金額は自由に変更できます。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。