アマゾン、配送サービスの拡充で売上再成長も利益を圧迫【2019年2Q決算】

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

アマゾンの2019年第2四半期の決算発表はありました。結果はややイマイチでした。

売上は良かったものの、利益が事前予想に届来ませんでした。商品の配送コストが高くついたことが、利益を圧迫していたようです。アマゾンの株は時間外取引で3%弱の下落をしています。

  • 売上:前年同期比+19.8%増の634億400万ドル。アナリスト予想625億ドルを上回る
  • 1株あたりの利益:5.22ドル。アナリスト予想5.56ドルを下回る

1dayデリバリーサービスの影響が色濃く出た決算

さて、今期のアマゾンについてですが、良くも悪くも米国で行ったPrime会員向けに実施した無料の配送サービス「1dayデリバリー(翌日配送)」の影響を受けています。

背景として、ライバルのウォールマートがネットで買った商品を無料で2日以内に届けるサービスを行っていますが、アマゾンはこれに対抗して米国で翌日配送の「1dayデリバリー」サービスをPrime会員向けの標準サービスとしました。

ジェフ・ベゾスCEO決算発表の場で発言している通り、1dayデリバリーのおかげで、売上高は前四半期の16.8%成長から19.8%へと成長速度が加速しています。これが、アマゾンが売上予想を上回った要因です。

しかし、「1dayデリバリー」サービスの拡充などで8億ドルを費やしてしまい、これが利益を押し下げる要因の1つになっています。

注目のクラウド・サブスクリプション・広告などのビジネスは揃って37%成長

アマゾンのビジネスの中で、私が注目しているものが3つあります。

クラウドのAWS、サブスクリプションビジネス(Amazon Prime会員等)、それに広告ビジネスです。まだ3分野合計でアマゾンの売上高の25%にしか満たないですが、今後のアマゾンを担う成長分野だと思っています。

そして、今期の売上成長率は3つの分野で全て一律に+37%でした。まずますの成長率ですが、クラウドについてだけは、この成長率ではやや物足りない印象があります。

前四半期のAWSの売上成長率は+41%でしたが、これから更に鈍化しているからです。

売上 前年同期比
オンラインストア 310.53億ドル 14%
実店舗 43.30億ドル 0.4%
マーケットプレイス 119.62億ドル 23%
サブスクリプション 46.76億ドル 37%
AWS 83.81億ドル 37%
その他(広告収益を含む) 30.02億ドル 37%
合計 634億ドル 19.8%

クラウドAWS減速の要因

またクラウドに関して注目すべきは、2019年第1四半期(1Q)のクラウドの市場全体の成長率がAWSと同じ41%だったことです。つまりAWSは2019年1Qで市場の拡大と同じスピードでしか成長していなかったことがわかっています。

2019年1Qのクラウド市場についてはこちらを参照:Chasing Pack Gain Market Share in Q1 but Amazon Maintains a Clear Lead(Synergy)

そして、2019年2QではAWSの売上成長速度は41%から37%へと更に減速しました。恐らく、これで市場平均よりも下回る成長速度になったと思われます。

AWSの減速は2つの要因があると思います。

(1)AWSは既に2位のMicrosoftのAzureを大きく引き離していることから、成長の余地が他のクラウドに比べて小さいこと、また(2)近年は既にAWSを導入した企業がAWSの障害に備えてもう1社契約するマルチクラウド化の動きがあるためです。

ある程度の成長の減速は仕方ないですが、できたら市場の拡大するスピードよりかは売上成長が上回ってほしいものです。

ちなみに、「クラウドのシェアはAzureが1位でAWSが2位」と思っている方が、かなりの数いますが、それは違います。

以下の図は、クラウドのシェアと成長率を表しています。右に行くほどシェアが高いのですが、AWSが一番右に位置していてシェアが最も高いのが解ります。

この記事ではクラウドのことを、ずっと「コンピュータの計算能力を提供するサービス(IaaS)」として話ししてきましたが、この意味でのクラウドは2019年7月現在でもアマゾンのAWSが、MicrosoftのAzureを圧倒的に上回っています。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

※金額は自由に変更できます。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。
タグ: