好決算でも高くて買えないアドビ【20年9-11月決算】

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

アドビは本当に良い企業です。

売上も利益もフリーキャッシュフローも毎年上昇している上に、売上の91%はサブスクリプション・モデル(定期購読)なので毎年安定して売上が見込めます。

また、アドビが提供しているデザインソフトは、クリエイターの中ではサラリーマンのエクセルのような必須ツールなので、解約される恐れがほとんどありません。

そんなアドビの2020年第4四半期(9-11月期)決算が発表がありましたが、相変わらず良い決算でした。

唯一にして最大の問題があるとすれば、かなり割高なことです。2020年9月の高値に比べたら10%以上下落しましたが、それでもまだ20-30%下落してもおかしくないほど割高だと思っています。

9月をピークに伸び悩むアドビ株

この記事のポイント

  • 2020年9-11月期決算は、予想を上回る良い決算だった。売上は前年比+14%、一株利益は+23%と好調だった。
  • アドビが発表した今後の業績見通しも、アナリストたちの予想を大きく超える強気の内容だった。
  • それにも関わらず、アドビの株価は決算発表後に売られた。恐らく今までの株価が高すぎたことが理由。

私もとても気に入っている銘柄ではあるのですが、今はそれほど無理して買わなくても良いと思っています。いつか何かの理由で株価が落ちてきた時には、狙い済ませて買いたいと思ってウォッチを続けます。

2020年9-11月期決算


アドビの9-11月期の決算は売上・利益ともに予想を超える良い内容でした。

  • 売上:$34.2億ドルで、予想を0.6億ドル上回る(前年比+14.4%)
  • 調整後一株利益:2.81ドルで、予想を0.15ドル上回る(前年比+22.7%)

この企業もコロナの影響を受けて、2020年は売上・利益ともに成長率こそ落ちていますが、着実に成長して安定感があります。

以下、売上と営業利益を見てみるとどちらも金額は右肩上がりに伸びています。

また、今回の決算では2020年12月から始まっている2021年度の業績見通しを発表しましたが、こちらもアナリストたちの事前予想を大きく上回る強気な内容でした。

予想超えのガイダンス

  • 来期:売上37.5億ドル、一株利益:2.78ドル(予想売上:33.6億ドル、予想利益:2.59ドル)
  • 21年度:売上152億ドル、一株利益11.20ドル(予想売上:128億ドル、予想利益:9.95ドル)

部門別売上

今まで今期のアドビの決算の良い面について触れていきましたが、部門別の売上を細かく見ると気になる点も出てきます。

アドビの部門を確認しておくと、次の2つの部門があります。

Adobeの事業

  • デジタル・メディア事業:デザイナー向けデザインソフトやドキュメントソフト(PDF等)を販売する主力事業。
  • デジタル・エクスペリエンス事業:近年買収を進めて強化してきたWebマーケティング支援ツールを販売する事業。

アドビは次の成長分野を育てるためにマーケティング領域(デジタル・エクスペリエンス事業)で企業の買収を含めて活発な投資をしているのですが、この分野の業績が全く伸びていません。

今期も売上成長率が前年比でわずか+2%と、かなり低調な成績に沈んでしまいました。

売上(単位B:10億ドル) 4Q20 構成比 前年比
デジタル・メディア事業 $2.50B 73% +20%
デジタル・エクスペリエンス事業 $0.88B 26% +2%
合計 $3.42B 100% +14%

Google、Facebook、スナップチャットなどが7-9月期に相次いで良い決算を出して、コロナからの復調を印象づけたことを見る限り、企業は既にマーケティング費用を積み始めているはずなのです。

しかし、その兆候がアドビのデジタル・エクスペリエンス事業の業績に出ていないのは気がかりです。

まだ買いどきではないアドビ株

細かく見ると、今後の成長を期待されている部門の売上低迷という問題点もありますが、全体的にアドビの決算は好調だったと言えます。2020年8-11月期の業績だけでなく、2021年度の売上見通しも強気な発表があった点も投資家から高評価されても良いと思います。

それにも関わらずアドビ株は決算発表後に売られる形になりました。

この日に株価を下げた原因はハッキリとはわかりませんが、私もアドビの株を売る気持ちはわかります。理由はシンプルで結構な割高だからです。

冒頭でもお伝えしましたが、2020年12月時点のアドビは20-30%下落してもおかしくない割高な価格がついています。

私の場合は割高度合いを測るためによく予想PERを確認するのですが、例年アドビの割高度は予想PERで30前後のはずなのに、今では43もあります。

予想PER43の状態から株価が30%下落すると、だいたい30くらいになるので、アドビは良い企業ですが今は保有しなくても良いかと思っています。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は自由に変更できます)。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。


タグ: